月別アーカイブ: 2016年1月

インターネット担当者がアクセス解析で毎日チェックするべきポイントとは?

ホームページを公開したら、「毎日どの位の人に見られているんだろう?」と気になるのが人情です。

私は、制作したホームページのほとんどに「googleアナリティクス」というアクセス解析ツールを設置させて頂いています。ですので、日々のアクセス数以外にも、様々な項目を知ることができます。

高機能なアクセス解析なので、使い倒すのは非常に多くの知識を要します。そのため一度レクチャーしても、ほとんどの方が毎日チェックするという行為が面倒になり、そのうち見なくなってしまいます。

よく、googleアナリティクスの使い方的な本やサイトがありますが、初心者はあまり深入りせず、最低限チェックする項目だけをマスターすることをおすすめします。

アクセス解析でわかること

それでは、どの項目をチェックすればよいのでしょうか?ここでは一つづつ解説します。なお、googleアナリティクスの基本的操作は解説しているサイトがたくさんありますので、ここでは触れません。

ユーザーサマリーを見る

ユーザーサマリーでは、毎日何回見られているかがわかります。ここは単純に「増えた、減った」と一喜一憂してもOKです。そこで、どうして増えたのか、または、どうして減ったのかを考えることが必要になってきます。

どのページが見られているかを把握する

行動>サイトコンテンツ>すべてのページ、という順番で画面を開きます。すると、どのページが期間内に何回見られたかがわかります。

ここで考えるべきことは、見られているページの内容に不足はないかどうか、さらに、もっとアピールする内容を追加できないかを考えます。
ページをたくさん公開しても、必ずしもすべてのページが見られやすいわけではありません。googleの評価がどうしても上がらないページもありますから、アクセスの多いページは大切な資産として育てていくのです。

最終的に見せたいページがあるとします。具体的には問い合わせフォームとか、注文ページとかでしょうか。そのページへのリンクをクリックしやすいように目立たせたり、さりげなくリンクを誘ったりしていきます。

逆に、見られていないページもわかりますので、タイトルを変更したりして検索で少しでも上位になるように日々試行錯誤します。

検索キーワードを知る

集客>キャンペーン>オーガニック検索の順にページを開くと、検索からやってきた訪問者が、どのようなキーワードで検索したかがわかります。

ここで、狙ったキーワードで検索されているか、また、ほかのワードを使った方が良いのかの判断をします。

大切なのは、続けること

初心者や忙しい担当者の場合、最低限上記3項目だけはとにかくチェックしてほしいと思います。触っていれば、他の項目もクリックしてみたくなるでしょうから、たまには他の項目も見ていくと良いでしょう。

 

ホームページのスマホ対応は必要?本当の意味でのメリットを解説

 

ホームページのスマホ対応の必要性は、もうかれこれ5年以上前から言われています。とはいえど、まだまだ未対応のサイトが多いのも現実です。

スマホ非対応サイトのデメリットとは?

でも、なぜホームページをスマホ対応する必要があるのでしょうか?

いや、そもそも「スマホ対応」ってどういうこと?って人もいると思います。

確かにスマホ対応じゃないサイトだって、スマホのブラウザで表示することができます。じゃあ、それでいいじゃないかという人もいますし、そのままで良しとしているサイトも多いです。では、スマホ対応じゃないサイトのデメリットを挙げてみましょう。

スマホ対応サイトの方がgoogleの評価が高い

これはグーグルも名言しており、検索結果画面にもサイト名に続けて「スマホ対応」という文字が表示されます。グーグルの方針は一貫して「ユーザーに有益なサイトを上位表示させる」というものですから、今後スマホ対応サイトが検索順位的に優遇される度合いが増えていくことは明らかです。

つまり、スマホ非対応サイトは、SEO的に不利になるということです。はっきり言ってこれだけでも致命的です。

文字が小さくて読みづらい

スマホ対応サイトは、画面が小さくなっても文字は小さくならず、画像だけを縮小させる形で表示します。また、小さい画面では読みづらい部分を非表示にしたり、文字による箇条書き項目が多いメニュー部分などは折りたたみ、ボタンをタップすると展開するような仕組みになっています。

つまり、人差し指と親指で拡大したり縮小したりしながら読むという動作がなくなり、縦スクロールだけで快適にサイトを閲覧することができます。

スマホ対応サイトは大きく分けて2種類

一言でスマホ対応と言っても、実はいくつか種類があります。

スマホ用サイトを別に作る

一昔前はガラケー用のいわゆる「携帯サイト」が流行りましたが、これはサーバー内に携帯画面に適したテンプレートの「別サイト」をつくり、PCサイトにアクセスしてきた端末を判別して、携帯から見ている場合は、携帯サイトのトップページへジャンプさせるという仕組みがとられていました。

現在のスマホサイトでもこのやり方で別サイトにジャンプ(リダイレクト)させる場合があります。これは、パソコンからでもスマホからでもタブレットからでも、デザイン的にキレイに見せることを常に優先する必要がある場合に有効です。デメリットとしては、サイトをもう一つ作る必要があるためコストがかかることと、メンテナンスもPCサイトと二重になるため、メンテナンスの手間がかかることです。

レスポンシブデザインで作成する

それに対し、ひとつのテンプレートでPC、スマホ、さらにはタブレットなどのあらゆるデバイスに対応する方法が「レスポンシブデザイン」と呼ばれるものです。

これは、閲覧デバイスの横幅によって、レイアウトが変わるデザインのことで、例えばPCで見たときにはサイドバーがあるが、幅を狭くしていくとメインコンテンツ部分の下に潜り込んで1列(カラム)で表示されるという具合です。

レスポンシブデザインのメリットは、ひとつのテンプレートですべてを賄うため管理が簡単なことです。テンプレート次第では非常にローコストでスマホ対応できるのも魅力です。

ENSYU FAST WEBでは、このレスポンシブデザインでサイトを作成しています。もちろん豊富なテンプレートから作りますので、極限まで低コストに抑えた価格設定です。

 

ホームページリニューアル時に気をつけるべき根本的な話

よく「ホームページをリニューアルしたいんだけど」っていう質問や依頼を頂きます。私のような業態の人間にご依頼していただく場合、多くは新規開業やいままでホームページを全く持っていないお店や会社であることが多いのですが、中には「一応HPはあるがずっと前に作って放置している」ようなケースもあります。

まずはどこのレンタルサーバーを借りているかをお聞きします。私が制作する場合、ほとんどがWordpressというブログシステムをインストールするため、それが使えない場合はサーバーごと引っ越しして頂きます。それに加えてドメインも移管する場合もあります。このあたりが地味に手間がかかるので、別料金を頂いていますが、これからリニューアルする場合は「ブログ式システム(CMSと言います)」を導入しておくことを強くおすすめします。

で、リニューアルする目的は?

そうです。ここが肝心です。「なんとなく古くなってきたから」という理由も敢えてOKです。つまりデザイン的にダサくなってきたとか、機能的に使いづらいサイト設計とか、そういうことだと思いますので。

でも、できたら今回のリニューアルはもう少し明確で深い理由を付けて頂きたいです。つまり、リニューアル後どのような結果を期待するか、ということです。

デザインなのか、使いやすさなのか、新規開拓なのか、それとも?

正直、ひと昔もふた昔前も前のデザインで作られたままのサイトは山ほど見かけます。(インターネットのひと昔は3〜5年ですので、まぁ10年位放置している感覚でしょうか)

問題はデザインをよくすることで得られる効果は何か?その結果で満足か、ということです。見た目が良くなっても、訪問者がいなければ「無人島にオープンしたデパート」です。これはよく使われる例えですね。

毎週大量のチラシを配ったり、TVCMを流しているなら、敢えてインターネットからの検索によるアクセスに血眼になる必要はないでしょう。しかし、そういったアナログ媒体でなにも集客行為をしておらず、なおかつアクセス数はたくさん欲しい、という場合は、いわゆる「SEO」とよばれる検索対策や、コンテンツを充実させるなどの手法をとらなければなりません。

いままでの私のクライアント様のケースでいうと、だいたい約半数は「とりあえずHPがあって名前で検索すればちゃんと上位に表示されれば良い」という方々です。業態やスタッフのスキル的な視点から考えてもあまり無理なことはできないので、この場合は最低限のプランでしっかり5ページ位を作ります。

しかし、「インターネットでガンガン集客したい」「多くの人に商品を告知、販売したい」というご依頼の場合、最低プランの5ページ程度のボリュームではどうしようもありません。その場合はかなりの覚悟をしていただき、日々ブログ記事を更新していただきます。記事数×文字数の蓄積が検索エンジン(google)に対して最も効果的だからです。

それに加えて、必要な場合はamazonなどで出品して頂いたり、業種によってポータルサイトがある場合はそちらに登録して頂いたりします。商品や案件を大手サービスに登録することにより、それらを登録した数だけ自社サイトへの入り口ができるからです。

そしてそのリンクからジャンプしてきた訪問者に魅力的に映る「コンテンツ」を用意しておきます。

まずは問い合わせや注文しやすい「仕組み」を作り、それを求める属性の人たちが多く集まるサイトに入り口をばら撒き動線をつくるのです。

また、TwitterやFacebook、Instagramなどのソーシャルネットワークサービスも、可能な限り絡めていきます。ただし、これは日々情報発信できるひとにしかおすすめしていませんが。

とにかく、私は単純に色々な業種のインターネット集客を考えるのが好きなのです。公序良俗に反していなければどんな業種でもご相談に乗ります。

一緒に頭をひねりましょう。きっと何か良いアイデアが浮かぶ気がします。

それでは。

「ホームページ無料作成」に騙されるな?!

ENSYU FAST WEBは、格安設定ではありますが、ちゃんと制作の対価を頂いております。「ホームページをできるだけ安く作りたい」あわよくば「結果の出るホームページを持ちたい」というのは誰もが思うところでありますが、世の中そんなに甘くはないというのが現実です。

無料ホームページの落とし穴

無料ホームページを提供しているサービスは、昔から多くあります。プロバイダが提供しているものから、最近ユーザーを増やしているjimdoなど、どんどん簡単かつ高機能になっています。

デザインテンプレートも数多くの種類から選べます。

「これさえあればもうホームページ制作会社なんて必要ないじゃん」って思ってしまっても仕方ないクオリティです。

しかし「タダより高いものは無い」と昔から言われるように、無料だからこその落とし穴が隠されています。

ページを書いても書いても自分の資産にならない

グーグルの検索順位基準のひとつに「ドメイン下に価値のあるページがどれだけあるか」というのがあります。無料ホームページの場合、そのほとんどが独自ドメインではなく、サービス提供サイトのドメインとなります。オプションで独自ドメインを設定できる場合もありますが、それでは「無料」ではなくなってしまいますし、後々自分で借りたレンタルサーバーにドメインを移管しずらいなど様々な弊害があったりします。

サービス提供サイトのドメインでいくらたくさん記事を書いても、そのサービスが終了してしまえばすべて水の泡になりますし、グーグル(Yahoo!も)など「1キーワードあたりの検索結果に表示するサイトは1ドメインあたり2つまで」というルールがあったりしますので、同じドメインで自分より優れたサイトが2つ以上あれば主要検索キーワードでの検索結果に表示されないという致命的な事態にもなりかねません。

個人商店的なホームページの場合、アクセス殺到してサーバーダウンなんてことは滅多にありません。ですからそこまで高機能なサーバーを用意しなくても良いと思います。

必要最低限の維持費は必要です

ただ、必要最低限の機能とセキュリティの整ったレンタルサーバーをちゃんと借りて、独自ドメインを取得するひつようはあると考えています。月額2000円とか3000円程度の維持費は、まともなホームページを運用しようとすれば絶対に必要なのです。

私が作成するホームページは、「Wordpress」というCMSをつかっています。つまりブログのようにユーザーがページを作成できます。そのような拡張の可能性を持った形で納品します。きっちりとレンタルサーバーを借りて独自ドメインも取得していただきます。

詳しくはお問合せくださいね。